新刊が出来上がってきました。


自分史の生みの親である色川大吉先生自身の、知られざる半生の裏側を綴った一冊です。筆者個人の自分史を通して見えてくるのは、戦前戦後を生き抜いた人々の姿と言えます。
自分史は個人の喜怒哀楽の足跡であると同時に、時代の記録でもあります。そこに色川先生が自分史を提唱した理由があります。

『わが半生の裏街道』

もっと見る


人気のWebコンテンツはこちらです

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
お問い合わせ