昨日参加したイベントは新鮮で良かった。


10686624_926666184074747_4012751753997106891_n

昨日参加したイベントは新鮮で良かった。
ほとんど初対面の、お互いが何者かもよく知らない人達と車座になって、ざっくばらんに語り合う「場」。進行役がいて、テーマがあって、一定のルールはあるにせよ、着地点をその「場」の流れに委ねるスタンスが心地よかった。
テーマは「ダイバーシテイを受け入れるということとは?」。
まさにこの場に集った人たちそのものが多様性の体現であり、意見がぶつかり合うたびにそれを実感し、むしろ愉快であった。

ダイバーシティを考えることは、言い換えれば、弱者、少数、ニッチ、専門性、特化を考えることであり、そして尊重や共存とは何かを考えることではないか。一方でそれは差別や偏見、排他、そして画一化、統一化について考えることにもなるはずだ。
いずれにせよ、神に与えられたこのバリエーションの豊かさを愉しむ心が大切ではないか、そんなふうに思った「しゃべり場」であった。


人気のWebコンテンツはこちらです

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
お問い合わせ