平林克己写真展「陽」


1545139_613346695406699_1678748243_n

《平林克己写真展「陽」上海通信vol.08》in東京中継局
こちらでは上海で活動中の写真家平林克己の動向を東京から中継します。

+++++++++++++++++
《平林克己から愛のメッセージ》

ここ上海でも、3月11日にはいろんな震災関係のイベントが開催されてますよ。
でも、どうも気になるのは、3月11日まではいろいろあるけど、一日過ぎるともう一気にトーンダウンしちゃう。まるで、8月15日ちかくになるとみかける 終戦・平和番組みたい。平和って8月だけ意識すればいいのか?3月11日だけ震災のことを考えたらいいのか?そんなの暦の上で都合がいいだけの話しです よ。
さて、上海写真展、いろんな人が来ています。この方は、1972年の田中角栄と周恩来との間でなされた日中国交正常化の頃に、重要な役割をした方。
そして、展示会場にいきなりやってきて、朝からずっと居て、椅子をならべたりの会場の実務を勝手にやる中国人のアニキ。「あいやー、日本のためになにかし たくて、ずっと悶々としてたアルヨ!やっとできて幸せアル!次何したらいいアルカ!?」って。。。神戸のときにもこんなお兄ちゃんがいたけど、どこにでも 居るんです。うれしいではないですか。
でも、さっき見たら、会場の寄せ書きに「大日本帝国永繁栄」の文字が。。。。中国人は書かないだろうし。。。だれだこんなこと書いたのは?!

+++++++++++++++++

写真家平林克己さんは、2014年3月8日~16日まで上海と、地元の取手市にて写真展「陽-HARU-」を同時開催中です。

メディアで放送される日中間は、なぜか緊張関係の政治ネタばかり。
実際にはどうなのか、私も去年上海に行きましたが、個人レベルでは実は友好的なんじゃないのかと思うこともしばしばでした。
ところで平林さん、中国でも女性にモテモテのようですが、そのネタは来ないのですかな?


人気のWebコンテンツはこちらです

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
お問い合わせ