秋晴れの今日。


自分史の生みの親、色川大吉先生とお打合せ兼おしゃべり。
色川先生が「自分史」という言葉を使い、世に広めたのは、1975年の著書『ある昭和史-自分史の試み』でした。
あれから、43年。今年93歳になられますが、ますます執筆意欲も旺盛です。先生から元気をいただき、私も自分史の普及活動に取り組みます。


人気のWebコンテンツはこちらです

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
お問い合わせ