5年ぶりの広島


11914858_900009536740412_2853843105131503281_n

5年ぶりの広島です。
「一枚の自分史(戦争体験)」という本の中で、原爆体験談を特集させていただいた寺尾さんにお会いできました。またこの本を製作する上で原爆関連の写真資料を貸していただいた広島平和記念資料館へ、本を寄贈してきました。
寺尾さんは、戦時中この原爆ドームのすぐ近くに住んでいましたが、原爆投下の2週間前に疎開したため奇跡的に直撃を免れました(しかし、爆心地から4キロ 地点で被爆)。現在は原爆ドームのすぐ脇で、観光客向けにボランティアガイドをされています。ステンドグラスで精巧に作られた100分の1スケールの模型 (被爆前の姿と、被爆後の姿のもの)を二つ並べて、原爆の恐ろしさを伝え続けているのです。
また寺尾さんのご子息、一弘さんとは2年前に倉敷で知り合い、それからのご縁になります。倉敷でデニムの和服ショップを営んでいて、美観地区を訪れる観光 客にとても人気の高いお店です。今回はかなりディープな原爆遺構なども見せていただき、ガイドブックでは分からない発見がたくさんありました。

本づくりを通して出会いが生まれたり、縁が深まったり、そういうことがどうにも最近は嬉しいのです。


人気のWebコンテンツはこちらです

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
お問い合わせ