元祖が語る自分史のすべて


027ganso

発行日:2014年12月1日

タイトル:元祖が語る自分史のすべて

分野:自分史実用書

著者:色川大吉

仕様:A5判 224ページ

定価:1800円+税

著者プロフィール

近代史研究家。自分史の生みの親。1925年千葉県出身。東京大学文学部卒業。著書『ある昭和史-自分史の試み-』にて自分史という言葉を広め、提唱した。東京経済大学名誉教授

内容紹介

「自分史」の提唱者、色川大吉氏自らが伝授する自分史の指南書。
自分史を書く意義から、失敗しない書き方まで、自分史の生みの親にしか語れない「極意」を余すところなく大公開!

1、自分史はどこから書きはじめても良い。書き方も自由で、気楽な気持ちで。
2、下手でもいいから速く書くこと。一度ペンを止めると文章に力がなくなる。
3、「自分史」の中でいちばん人に共感されるのは、失敗談。
4、人生は矛盾だらけ。良いことも悪いことも、まずは書き出してみる。
5、親の書いた自分史を子供が手伝うと、見栄や勝手な感情が入りやすい。
(本書は平成12年に草の根出版会より刊行されたものに、一部手を加えて復刻したものです。)

amazon


人気のWebコンテンツはこちらです

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
お問い合わせ