流れ


main_process

STEP1 企画

1. 打ち合わせ

まずは、本をお作りになりたい目的についてや、本の内容、形態、ページ数や作成部数についてお伺いします。
また、希望するご予算から逆算して、予算内でお作りできるものをご提案することも可能です。お打ち合わせは直接お会いできることが理想的ですが、遠方であるなどの理由があれば、お電話やメールでのお打ち合わせも対応いたします。

※ あらかじめ「お客様ご相談シート」にご記入いただくと打ち合わせがスムーズになります → 「お客様ご相談シート」はこちら

arrow_flow2

2. お見積り

ご希望の内容に合わせて、お見積り書を作成いたします。
お見積りやご相談は納得がいくまで何度でもお受けいたします。もちろん費用はかかりません。

arrow_flow2

3. ご契約・着手金

制作内容やご予算について、ご納得がいきましたらご契約に進みます。ご契約時には制作費の半額を着手金としてお預かりいたします。

arrow_flow

STEP2 制作

4. 執筆・資料収集

スケジュール表に基づき、原稿や資料素材をご用意いただきます。

arrow_flow2

5. 組版・レイアウト

いただいた原稿を本の状態に合わせて作成します。プリントしたもの(初校ゲラ)に弊社より編集校正作業を行い、お渡しします。

arrow_flow2

6. 著者校正

弊社の校正を書き込んだものをそのままお渡しします。それをご覧になって、さらなる修正作業を加えていただき、ブラッシュアップしていきます。※弊社側は青ペンで書き込みますので、著者の方は赤ペンで修正を加えてください。

arrow_flow2

7. 再校正

著者校正をお返しいただき、データを修正します。さらに校正を加えてから、再度ご提出します(再校正/2校)。内容をご確認いただき、お戻しいただきます。

arrow_flow2

8. デザイン

本文の進行と平行して、表紙やカバーのデザインも進行します。 こちらはカラー印刷で行うことが多いので「色校正」と呼びます。色校正もご確認いただき、変更や修正があれば対応していきます。

arrow_flow2

9. 校了

本文やカバーの内容について修正や変更の作業が完了しますと「校了」となり、いよいよ印刷工程に進みます。ここから先は原則として修正作業ができなくなりますのでご注意ください。

arrow_flow

STEP3 印刷

10. 印刷

完成したデータは、「製版」「刷版(またはCTP)」という工程を経て、印刷に回ります。

arrow_flow2

11. 刷り出し

印刷が終わると、「刷り出し」と呼ばれる印刷見本が届きます。重大なミスがないかを最終的にチェックする工程で、この段階では文章の校正は行いません。万が一のミスを発見できれば、製本する前に該当部分の印刷のやり直しが間に合います。通常「刷り出し」は出版社でチェックするのみで作業を進めます。

arrow_flow2

12. 製本

印刷し終えたものを、16ページ単位になるように折り曲げていきます。この16ページ単位を「折(おり)」と呼び、「1折」「2折」「3折」「4折」・・・と合体させていきます。合体させる作業を「丁合(ちょうあい)」と呼び、のり付けをして表紙で本文をくるみます。その後、紙の余分な箇所を断裁してから、カバーを巻いて完成です。

arrow_flow2

13. 納品

ご指定の場所への納品のほか、献本先への発送作業も承ります。

 


人気のWebコンテンツはこちらです

お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ